Blog

  • HOME /
  • Blog /
  • ディスプレイ広告

ディスプレイ広告

代理店に依頼せずに広告の運用を行っている人は、ディスプレイ広告がどのようなものなのか試してみたい、そもそもディスプレイ広告とは何なのか?と疑問を抱く人も多いでしょう。
今回はディスプレイ広告を手堅く利用するために、基礎知識をご紹介していきます。
■ディスプレイ広告とは何か

ディスプレイ広告とは、Webサイトまたはアプリ上にある広告枠に掲載される広告です。
ブログ閲覧をしていたりポータルサイトを開いている際、サイトの下部や右側に広告が表示されているのを見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。
その画像をクリックすると広告主が設定したWebサイトに移動し、新しいサイトが表示されます。
バナー画像を表示させる場合が多いので、バナー広告と呼ばれることも多いです。
商品やサービス内容を知らないユーザーへ認知させることを目的とし、広告手法によってニーズを引き出す可能性を高めています。
料金体系がどのような仕組みになっているかあまり知られていませんが、クリックされる度に料金が発生するシステムが主流です。
広告の表示回数(100回などの一定回数)によって料金が課金される、インプレッション単価システムを行っている場合もあります。
どちらの料金システムも事前に入金してあるデポジットから課金された金額が引かれていくので、広告費を希望予算内に抑えることも可能です。
■顕在層向けと潜在層向けがあるディスプレイ広告

ディスプレイ広告には、顕在層向けと潜在層向けという2種類の広告が存在しています。
顕在層向けはリターティング広告があり、一度訪れたユーザーをリスト化して広告を配信することができる広告です。
Googleなら「リマ―ケティング」、Yahoo!なら「サイトリターディング」という名前になっています。
一方潜在向けは、サイトが所持しているコンテンツをターゲットにして「○○に注目している人」など、ユーザーの関心や興味をターゲティングしていく方法を指します。
Googleは「コンテンツターゲット」「トピックターゲット」「インタレストカテゴリ」、Yahoo!では「インタレストマッチ」「サイトカテゴリ」などがあります。
顕在層向けと潜在層向け、2種類のディスプレイ広告を使い分けることによって、宣伝したいサービスや商品のターゲット層に向けた広告表示も可能となります。
今ではスマートフォンやパソコンでディスプレイ広告を見ることは当たり前になってきています。
多くの企業が取り入れるほど有効ということでもあるので、ぜひディスプレイ広告でサービスや商品を効率的に宣伝していきましょう。

Others Blog

Blog

アドネットワーク

アドネットワーク

Blog

リターゲティング広告

リターゲティング広告

Blog

アクセス解析の重要性

アクセス解析の重要性

Blog

アクセス解析

アクセス解析