Blog

SEM

■SEMとは

【はじめに】

聞き慣れない用語が多いウェブマーケティング分野。

アルファベットの用語が多すぎて、覚えるのに苦労しているウェブ担当者の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「SEO」と勘違いされやすい「SEM」についてご紹介します。

 

 

【SEMとは】

SEMとは、サーチエンジンマーケティング(Search Engine Marketing)の略称です。

簡単に言うと、検索エンジンを使ってサイトを訪問するユーザーを増やすための施策を指します。

 

SEMと混同されやすいのが、一文字違いのウェブマーケティング用語「SEO」です。

SEOは「Search Engine Optimization」の頭文字を取ったもので、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。

 

SEMは検索エンジンに関するマーケティング手法の総称です。

それに対しSEOはマーケティング手法の一つであるのがSEMとの違いです。

わかりやすく食べ物でたとえてみましょう。

 

ウェブマーケティング→食べ物

SEM→フルーツ

SEO→バナナ

 

といふうに、SEMは検索エンジンに関するマーケティングを包括する用語なのです。

 

 

 

【SEMの種類】

SEMの手法として主に挙げられるのが

 

・SEO

・リスティング広告

 

です。

SEOは先ほども書いたとおり、検索エンジン最適化のこと。

ユーザーがあるワードを検索したときに、検索エンジンの上位に表示させるための施策です。

近年はSEOに特化した企業も出てくるなど、ウェブマーケティングの中では特に重視されています。

具体的なSEO対策としては、

 

・ウェブサイトのコンテンツを充実させる

・被リンクを増やす

 

などが挙げられます。

上記を達成するために、オウンドメディアを作り、シェアしてもらいやすい情報を発信する企業も増えてきています。

 

つづいてSEMの手法として、リスティング広告をみていきましょう。

Yahoo!やGoogleといった検索エンジンで、知りたい情報を検索したときに、上部に表示されるのがリスティング広告です。

ユーザーの検索したワードに関連して広告が表示されるのが特徴。

また、リスティング広告は、検索結果ページに広告が表示されただけでは広告費がかかりません。

ユーザーがそのリスティング広告をクリックした回数に応じて、広告費を払う仕組みになっています。

この仕組みのことを「PPC (Pay Per Click)」と呼びます。

 

 

【おわりに】

今回はウェブマーケティング用語のSEMについてご紹介しました。

SEMは検索エンジンに関するマーケティング手法の総称。

SEO+リスティング広告=SEM

と考えるとわかりやすいでしょう。

Others Blog

Blog

アドネットワーク

アドネットワーク

Blog

リターゲティング広告

リターゲティング広告

Blog

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告

Blog

アクセス解析の重要性

アクセス解析の重要性